菓子作りへのこだわり

長門屋は、創業嘉永元年以来、ずっと手作りでお菓子を作り続けてきました。菓子づくりは重労働で、腱鞘炎や腰痛になることもしばしば。なぜ、機械が主流の今、手作りにこだわるのか、とよく聞かれます。しかし、目や手で確かめないと、やはり本当の味がでないからと、職人自ら、手づくりを大切にしてくれているのです。

良い品物を作る為にはまず材料の厳選。北海道や丹波の大納言、沖縄の黒糖など納得のあるものが手に入ると、とにかく嬉しくて、材料に触発されて創作意欲が湧いて来ます。そして、その材料を最大限に生かすお菓子がストーリーとなってきます。手間ひまをいとわず、納得のいく良い品を作りたいという思い。そしてそれがお客様から大変美味しくて皆に喜ばれました。という言葉となって返ってきた時には菓子を作る職人でよかったなと思えるひと時でもあります。

小豆は一粒一粒手で確認します

つぶあん

つぶあん

香木実(かぐのきのみ)という30年前から作っているお菓子があります。いまでは数的に不可能になったので印刷していますが、何年もの間自分で版木を彫って、一枚一枚刷って表装していたほど、思いのあるお菓子です。 京都の大変由緒あるお寺様の開山忌の主菓子としてお使い頂いた時のこと、その御礼にお寺に伺った際「全国お菓子は数多くあるが、おたくのお菓子は、真似と虚飾がないので大変気に入りました」の一言に目頭を熱くして帰ってきました。

茶席菓子「風儀(ふうぎ)」

2011年、ふくしま総文にて秋篠宮様ご一家にお出しした茶席菓子「風儀(ふうぎ)」。

大震災後の風評被害を払拭するしなやかな強さをイメージして表現されています。

最中は、特にシンプルで、あんこと皮、どちらも大事です。自家製餡と合う、いい皮を作って頂いていた方が高齢の為廃業されることとなり、全国を探し回っていましたが、やっとパリッとして香ばしい皮と出会いました。「ありがたい!今まで以上、この皮に負けない餡を作りたい!」と意欲が湧いています。
お菓子が、人の暮らしの中で喜んで頂けるなら本望です。時々、お客様からお礼状を頂くことがあります。長年のお付き合いだったお客様のご家族から、「今生の別れにと長門屋さんのお菓子を棺に入れました」というお手紙を頂いた時は、この仕事の本当の喜びを感じ、胸がジーンと熱くなりました。
これからも、時代に流されずに、正直な姿勢で、お客様に喜んでいただける菓子作りに励んでまいりたいと思っています。

お問い合わせ・お買い物はこちら

0242-27-1358

【受付時間】 8:30~18:00

【定休日】 年末年始を除き年中無休