世界にも通用する究極のお土産・TheWonder500 W認定記念サイト

main
弊社の商品が、復興庁・経済産業省が主催した世界へ向けてのコンテストにおいて認められ、「世界にも通用する究極のお土産」「TheWonder500」として発信されることとなりました。
和三盆糖シュガーマドラーは、Wでの認定となりました。

山里の恵みや、たくさんの人々が紡いできた歴史。
そのひとつひとつを大切に、感謝をこめて。
この原点を大切に、これからも、時代に愛される菓子づくりに励んでまいります。

究極のお土産 認定商品「香木実」

会津産の鬼クルミを上質な餡で丸ごと包み、表面に黒糖をまぶした一口菓子。
くるみのほろ苦さと上質な餡が、洗練れた上質な味わいを奏でます。
素材の美味しさを十分に引き出した、野趣に富んだ逸品です。

k1お買い物はこちら

ノミネート商品

起き上がり最中

m1お買い物はこちら

和三盆糖シュガーマドラー

w1お買い物はこちら

復興庁主催「世界にも通用する究極のお土産フォーラム」は、東北から集まった選りすぐりの産品を、世界に通用するお土産として発信する場を設けることを目的に行われた品評会です。
東北6県から“お土産”をキーワードに広く地域産品を公募し、その中から大手百貨店等のバイヤー等が究極のお土産を選ぶもの。2015年9月14日(月)に行われた東京の会場には約500商品から一次審査をくぐり抜けた112商品のメーカーが揃いました。

image10会場はすごい熱気でした!

品評会には、復興庁竹中大臣、復興大臣政務官の小泉進次郎氏もご来場。
また、最終審査委員の方は以下の方々でした。

<最終審査員>
荒木 直也 氏(株式会社阪急阪神百貨店 代表取締役社長)
稲葉 潤一 氏(株式会社ローソン 商品本部)
大西 洋 氏(株式会社三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長執行役員)
桑原 健 氏(株式会社紀ノ國屋 代表取締役社長)
河野 奈保 氏(楽天株式会社 執行役員)
坂西 理絵 氏(株式会社料理通信社 代表取締役社長)
二橋 千裕 氏(株式会社東急百貨店 代表取締役社長)
町田 成一 氏(株式会社プレジデント社 dancyu編集部長)
マッキー牧元 氏(株式会社味の手帖 編集顧問・主筆)
横川 正紀 氏(株式会社ディーンアンドデルーカジャパン 代表取締役) 

image11錚々たる顔ぶれ!

東北中の素晴らしい商品が揃う中、弊社からは3品がエントリー。
選定社中の中で最も多くエントリーさせて頂きました。

香木実
起き上がり最中
和三盆糖シュガーマドラー

image12説明にも熱が入ります
結果は…

「香木実」を、味の手帖主筆マッキー牧元氏にお選びいただきました!

image13
下記のサイトでも牧元氏に詳しくご紹介頂いております。
復興を目指す東北に「究極のお土産」が誕生!【マッキー牧元の世界味しらべぇ】

これを機に、東北の様々な良さを、お菓子作りを通して更に皆様にお伝えできたらとの思いを新たにいたしました!
ありがとうございます。

The Wonder 500 認定商品 和三盆糖シュガーマドラー

2015年8月27日、会津駄菓子Pシリーズの第一弾「和三盆糖シュガーマドラー」が経済産業省の補助事業である The Wonder 500(ザ ワンダー ファイブハンドレッド)に認定されました!
福島の食からは、唯一の選定となりました。

nintei
wasanbon

The Wonder 500™ は、経済産業省が「地方創生総合戦略」をふまえたクールジャパンによる地域活性化の推進のため、「ふるさと名物発掘・連携促進事業」として、“世界にまだ知られていない、日本が誇るべき優れた地方産品”を選定し、海外に広く伝えていくプロジェクトで、2015年5月15日よりスタートしました。
9月上旬より国内はもとより、パリ、香港、台北、ニューヨークをはじめ海外での商品PRや交流イベント、各国有力メディアと連携したPR 展開等が行われます。

第一回として、ギフトショーにて展示会が行われました。

image16

image17

ザ・ワンダー500認定制度については、下記のロゴをクリックしてください。

logo

「伝統菓子のリデザイン」をコンセプトにした会津駄菓子Pシリーズの第一弾として開発した当商品でしたが、販売直後に認定頂いたことで、非常に励みとなりました!
これからも和菓子や郷土菓子の良さを、様々な目線からご紹介する取組みを続けてまいります。

お問い合わせ・お買い物はこちら

0242-27-1358

【受付時間】 8:30~18:00

【定休日】 年末年始を除き年中無休