駄菓子について

駄菓子

駄菓子」とひとくちに言っても、その想いは年代によって様々かと思います。子供の頃に食べた懐かしい味…それが「駄菓子」と思う方もいるでしょう。一方、長門屋の店先に並ぶ駄菓子は、“黒パン”、“とり飴”、“金花糖”などなど。しかし、これもまた「会津の駄菓子」として受け継がれているお菓子です。
一体駄菓子とはなんなのでしょうか。

江戸時代

まず、現代の和菓子のルーツをたどってみますと、そのほとんどが江戸時代にさかのぼります。徳川家康の時代、中国からサトウキビがもたらされ、その後お砂糖を使った料理やお菓子が作られるようになります。とはいえ、当時白砂糖は大変な貴重品。武家などの身分の高い人が食べるものとされ、白砂糖を使った御菓子は上等のお菓子のみに使われました。庶民大衆や、子供相手の菓子屋は何を作っていたかと言いますと、甘みは主に、黒糖やでんぷん飴、そこに、くず米や粟、豆などの安価な原料を加えてお菓子を作っており、このお菓子は、上等な砂糖を使った「上菓子」に対してという意味で「駄菓子」と呼ばれました。これが、江戸時代の駄菓子のはじまりです。

長門屋が創業したのは幕末の嘉永元年。時の藩主 松平容敬公に「庶民のお菓子を作れ」と命ぜられ、菓子作りを始めたと伝えられています。この江戸時代の味を今に伝えているのが現在の長門屋の店先に並ぶ「黒ぱん」「おこし」「とり飴」などです。会津に伝わる郷土菓子のひとつといえるのかもしれません。
嘉永5年発行の城下町職別番付表

嘉永5年発行の城下町職別番付表

明治から昭和のはじめにかけて

昭和はじめの頃の本店の店先

昭和はじめの頃の本店の店先

その後、明治、大正、昭和初期にかけて、駄菓子屋は長屋に住む子供たちの社交場でありました。親から一銭、二銭のおこずかいをもらうと、みんなで駄菓子屋に集まります。そこでは、蒸しパンやかりんとうなどの駄菓子だけでなく、ベーゴマやメンコなど、夢中になれる一銭玩具も売っており、子供たちにとってはまさになくてはならない場所でした。今でいえば、子供向けのコンビニエンスストアといったところでしょうか。樋口一葉の名作「たけくらべ」には、当時の子供たちの様子が生き生きと描かれています。

戦後から高度経済成長期の駄菓子

戦時中のお菓子のない時代を経て、戦後にはまた、新しい駄菓子の登場するようになります。ポン菓子や石焼き芋といったリヤカーの行商や、おまけ付きのキャラメルもこの頃。お腹がふくれ、素朴な甘みのあるものが人気でした。

高度経済成長期に入ると、駄菓子屋の店先には、バニラアイスやラムネなどのハイカラな駄菓子、もんじゃやき、それに、スポーツ選手や劇画ヒーローのおもちゃが並ぶようになります。これは、テレビのヒーローが子供たちを夢中にさせるようになったからです。ベビーブームと呼ばれ、子供が町中に沢山いた時代。ガキ大将を先頭に、駄菓子屋を拠点に楽しむ子供たちの笑顔があふれていました。
駄菓子の金型

駄菓子の金型

笑顔を求めて

食べて笑顔になれること

食べて笑顔になれること

豊かな生活の中で、駄菓子に限らず、お菓子そのものが様々な意味をもつようになった現代。それぞれの生活や、食べるシーンに合わせて、これからもますます多様化していくことでしょう。

それでも、やはりお菓子の基本は「食べて笑顔になれること」。そのことを忘れずに、長門屋はこれからも菓子作りを続けてまいります。

お問い合わせ・お買い物はこちら

0242-27-1358

【受付時間】 8:30~18:00

【定休日】 年末年始を除き年中無休